スクラム最新号(13号)をアップしました!

最新ニュース スクラム13号をリリース!
【特集記事】「使ったもの勝ち?会派報に政務活動費」
【特別寄稿】「兵庫県議会政務活動費ー制度改革は半歩前へ!」
兵庫県会議員 丸尾牧さん

尼崎市市制100周年ロゴマークデザイナーの手による、
「スクラム」ロゴ等、
今回のスクラムは、まさにスペシャルな内容です。
※下記のpdfクリックで、全部ご覧いただけます。
ご意見・ご感想をよろしくお願い申し上げます。
tanakajunge@yahoo.co.jp

✧スクラム13号(1ページ目)pdfをダウンロード

✧スクラム13号(2ページ目)pdfをダウンロード

 

2015-01-24

田中じゅんじの市政報告レポート「スクラム」第12号をリリース!

2015年初の発行となる「スクラム」12号をアップいたします。
PDFで全記事がお読みいただけます。
ぜひ、ご一読下さい。
(田中じゅんじの「スクラム」作成・配布には、政務活動費を一切使用していません。)

スクラム12号特集記事[口利き記録制度が形骸化]
田中じゅんじが情報公開請求し、
開示された要望等記録票兼報告書をもとに、
形骸化した尼崎市の「口利き記録制度」の実態を報告!!
その他記事
[資産公開できない議員たち]
資産公開をしている・していない市議の実名を公開!
[市民オンブズ尼崎が学習会を開催!]
「政務活動費のあり方・議員の特権について考える」をテーマに行われた、
学習会(報告者:丸尾まき兵庫県会議員、四津谷西宮市議、田中じゅんじ)
の模様などを、新聞に掲載された記事とともに紹介 ほか
≪ご意見・ご感想等をお聞かせ下さいtanakajunge@yahoo.co.jp

◆スクラム12号(1ページ目)をダウンロード

◆スクラム12号(2ページ目)をダウンロード

(スクラム12号2ページ目「資産公開していない市議」のきしだ光広氏の漢字表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。)

2014-03-02

尼崎市政レポート「スクラム」11号をアップしました

昨年、田中じゅんじが内部通報者等とともに斬りこみ、
テレビや新聞などでも連日報道された、
国の求職者支援制度の悪用問題及び、
雇用・失業対策に係る助成金の不正受給問題、
そして、
2013年度尼崎市議選公費負担ランキングなどを掲載した
スクラム11号をアップします。
■スクラム11号(2014年2月発行)1ページ目をダウンロード

■スクラム11号(2014年2月発行)2ページ目をダウンロード

これからも、ありのままの市政情報をお伝えします。
ぜひ、ご一読の上、ご意見・ご助言等をお願い申し上げます。

続きを読む »

2013-07-12

田中じゅんじ 3035票で当選

このたびは、本当に皆様のおかげをもちまして、

2期目の当選を果たす事ができました。

(54立候補者中17位。議員定数は42人。)

これからも、全力を尽くしてがんばります。
ご指導・ご鞭撻を、何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、所属する会派及び、役職等につきましては、
下記のとおりです。
 
・会派 緑のかけはし(所属議員6名)

・経済環境市民委員会 委員※1

・兵庫県競馬組合議会 議員※2

1 協働のまちづくり、ごみ、環境、人権啓発、公害、産業振興などについて、
調査を行い、議案、陳情等を審査します。
所管する部局は、市民協働局、経済環境局、農業委員会です。

2 園田競馬場と姫路競馬場の、2か所の地方競馬を主催する、
一部事務組合の議会です。
兵庫県、姫路市及び尼崎市の12市で組織されています。
兵庫県議会選出議員5
姫路市議会選出議員2
尼崎市議会選出議員2人の合計9人で構成されています。
【尼崎市議会公式ホームページhttp://www.city.amagasaki.hyogo.jp/gikai/

また、田中じゅんじが1期目に行った、
全ての一般質問のテーマ等が掲載された、

スクラムextra2013.2.9(新春の集い2013等で限定配布。)

をアップいたしますので、ご覧いただければ幸甚です。
①スクラムextra2013.2.9の1ページ目をダウンロード

②スクラムextra2013.2.9の2ページ目をダウンロード

 

2013-06-08

田中じゅんじのスクラム最新号などアップしました!

田中じゅんじの尼崎市政レポート「スクラム」は、
通巻10号目、発行部数は40万部を突破しました!
ありのままの市議会・市役所の姿を、
普段から伝え続けてきました。
今回は、号外もあわせてアップしました。
ぜひご覧ください。

☆スクラムEXTRA2013.5の1ページ目をダウンロード

☆スクラムEXTRA2013.5の2ページ目をダウンロード

2013-05-11

評価なき市議会に一石を投じる「議員通信簿2013」ついにリリース!

評価なき市議会を変える!
田中じゅんじが世話人を務める市民オンブズ尼崎が作成した、
議員通信簿2013がついにリリース。

2013年6月9日から始まる尼崎市会議員選挙での、
一助になれば幸いです。
(なお、公平性を期すために、今回の議員通信簿制作に田中じゅんじは関わっていません。)

「あなたがつける議員通信簿2013」
をダウンロード

2013-04-04

福祉避難所の設置が実現しました!

田中じゅんじが、尼崎市議会では初めて提案(H21年12月一般質問)した
「福祉避難所※」の設置が実現しました!(H25年3月現在6か所)

※福祉避難所とは?学校体育館等の指定避難所では生活に支障をきたす方
(高齢者・障がい者・妊産婦・乳幼児など)に特別な配慮がされている避難所。

■広域福祉避難所として指定された施設

施設名

所在地

総合老人福祉センター

東難波町4丁目925

長安寮

東難波町4丁目927

身体障害者福祉センター

三反田町1丁目11

たじかの園

三反田町1丁目11

あこや学園

三反田町1丁目11

身体障害者デイサービスセンター

七松町3丁目8-8

2012-12-02

市政報告レポート「スクラム」9号を発行しました ぜひご覧ください!

2012年10月発行田中じゅんじスクラム9号1ページ目をダウンロード

2012年10月発行田中じゅんじスクラム9号2ページ目をダウンロード

2012年10月発行田中じゅんじスクラム9号3ページ目をダウンロード

2012年10月発行田中じゅんじスクラム9号4ページ目をダウンロード

2012-02-06

当選以降、一度も休まず一般質問しています。

尼崎市議会公式HPから、録画中継がご覧いただけます。
http://www.discussvision.net/amagasakisi/2.html

請願の筆頭紹介議員を務めました。全会一致で採択されました。

障害者総合福祉法制定についての請願

(請願の要旨)
 平成22年1月から内閣府に設置された障がい者制度改革推進会議では、
障がい者権利条約及び国と障害者自立支援法訴訟団との間で結ばれた、
基本合意文書の2つの文書を指針として、
今後の障害者施策の推進に向けて精力的に議論を行っている。

H23年8月30日、障がい者制度改革推進会議総合福祉部会は、
「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言~
新法の制定を目指して」(以下骨格提言という。)を、
これまでの障害者施策に関わる様々な意見や、
立場の違いを乗り越えて、
55名の委員一致でまとめた。

この骨格提言には、
障害者総合福祉法が目指すべき6つのポイントとして、
①障害のない市民との平等と公正
②谷間や空白の解消
③格差の是正
④放置できない社会問題の解決
⑤本人のニーズにあった支援サービス
⑥安定した予算の確保

を挙げており、
今後の障害者福祉施策のあり方を示す提言と言っても過言ではない

よって、骨格提言を尊重した障害者総合福祉法を制定するよう、
政府関係機関に対し、意見書を提出されたい。

2012-01-13

市民オンブズ尼崎が作成した議員通信簿

田中じゅんじが世話人を務める「市民オンブズ尼崎」が作成した議員通信簿です。

スクラム3号(2009年5月発行)に折り込み配布しました。

ぜひ皆さんもご一緒に、市民の目線で市政をチェックしませんか?

2005年~2009年議員通信簿1ページ目をダウンロード

2005年~2009年議員通信簿2ページ目をダウンロード

2005年~2009年議員通信簿3ページ目をダウンロード

2005年~2009年議員通信簿4ページ目をダウンロード

ぜひフェイスブックもご覧ください

田中 淳司 フェイスブックアドレス

http://ja-jp.facebook.com/tanakajunge

スクラムのバックナンバーをPDFでご覧いただけます

これまでに約25万部配布しました、

スクラムのバックナンバーを掲載します。

これからもアップしてまいりますので、

ご意見、ご感想をいただければ幸いです。

田中じゅんじ 市政レポート スクラム バックナンバー

◎2009年発行 田中淳司討議資料(マニフェスト)1ページ目をダウンロード 

2009年発行 田中淳司討議資料(マニフェスト)2ページ目をダウンロード 

2009年発行 田中淳司討議資料(マニフェスト)3ページ目をダウンロード 

2009年発行 田中淳司討議資料(マニフェスト)4ページ目をダウンロード 

2009年11月発行田中じゅんじスクラム4号1ページ目をダウンロード 

2009年11月発行田中じゅんじスクラム4号2ページ目をダウンロード 

2010年4月発行田中じゅんじスクラム5号1ページ目をダウンロード 

2010年4月発行田中じゅんじスクラム5号2ページ目をダウンロード 

2010年9月発行田中じゅんじスクラム6号1ページ目をダウンロード 

2010年9月発行田中じゅんじスクラム6号2ページ目をダウンロード 

2011年3月発行田中じゅんじスクラム7号1ページ目をダウンロード

2011年3月発行田中じゅんじスクラム7号2ページ目をダウンロード 

2011年8月発行田中じゅんじスクラム8号1ページ目をダウンロード 

2011年8月発行田中じゅんじスクラム8号2ページ目をダウンロード 

2011年8月発行田中じゅんじスクラム8号3ページ目をダウンロード 

2011年8月発行田中じゅんじスクラム8号4ページ目をダウンロード 

田中じゅんじ 市政レポート スクラム バックナンバー

2008年10月発行田中じゅんじスクラム1号1ページ目をダウンロード
2008年10月発行田中じゅんじスクラム1号2ページ目をダウンロード

2009年2月発行田中じゅんじスクラム2号1ページ目をダウンロード

2009年2月発行田中じゅんじスクラム2号2ページ目をダウンロード

2009年5月発行田中じゅんじスクラム3号1ページ目をダウンロード

2009年5月発行田中じゅんじスクラム3号2ページ目をダウンロード

2009年5月発行田中じゅんじスクラム3号3ページ目をダウンロード

2009年5月発行田中じゅんじスクラム3号4ページ目をダウンロード

2009-10-17

尼崎市議会議員選挙 初当選しました

尼崎市議選では、本当に皆様のおかげをもちまして、

2847票を得票し、44議席中の33位で当選することができました。

市会議員の任期が6月27日より始りました後、議員7名で会派

「緑のかけはし」を結成し、また田中じゅんじは、

  • 健康福祉委員会
  • 高齢者保健福祉専門分科会
  • 市民福祉振興協会

これらの委員等となりました。

これからも、初心を忘れず、

生まれ育った尼崎で一所懸命にがんばります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

【田中じゅんじ連絡先】

事務所 〒660-0052 尼崎市七松町3-6-9-203

      tel/fax.06-6415-9669

      携帯電話.090-1225-2046/jt4940@ezweb.jp

      PCメール.tanakajunge@yahoo.co.jp

市議会控室 〒660-8501 尼崎市東七松町1-23-1

         tel.06-6489-6950

         fax.06-6489-6951

2009-03-20

田中じゅんじ 尼崎市政レポート

尼崎市は緊急に無料肝炎ウイルス検診の拡充を!!
田中じゅんじ 尼崎市政レポート

兵庫県下で医療機関の検診がないのは尼崎市他2市のみ

<沈黙の臓器>と呼ばれる肝臓の病の中にウイルス性肝炎があります。尼崎市、西宮市、姫路市を除き、神戸市ほか兵庫県の各市町では、平成20年4月より地域の医療機関における無料の検診事業が実施されています。つまり自分の住むすぐ側にある医院などで、いつでも無料検診事業のサービスを受けられるわけです。
尼崎市では、フェスタ立花南館5階にある保健所で無料の肝炎ウイルス検査が受けられるのですが、月曜日は午後1時~2時火曜日から金曜日は午前9時~10時の受付となっており、保健所から離れた地区にお住まいの方や、お昼間にお仕事をお持ちの方などは、この設定された1時間に受付を済ませ、検診を受けられることは、大変難しい事だと思います。受付時間などについて、尼崎市保健所に聞くと「委託しているドクターは11時に検診を完了し、医療機関等へ戻られる」「神戸市の様な検診体制の実施はない」というお答えでした。

休日、夜間でも検診が受けられる体制を

現在、尼崎市には6つの支所があり、地域保健担当部署は定期的に予防接種などの業務を行っています。肝炎ウイルス検査についても、早急にそれら市の窓口を活用し、随時検査を実施すると共に、市内の医院等や夜間休日でも受けられる体制が切望されます。
平成20年3月24日、第14回尼崎市議会定例会本会議にて、『尼崎が中核市へ移行する手続きを進める事』が可決されました。中核市を目指す理由の中に、「市民サービスの向上、市民ニーズを反映したまちづくり」とうたわれています。大阪府下にある中核市の東大阪では3つの保健センターで、月2回予約制の検診と、市内医療機関検査も府がカバーするという手厚い検診の体制がとられています。
B型、C型肝炎ウイルスは感染後、20~30年経って発病すると言われており、この問題に対する施策を今、最大限にとったか否か、未来の中核市たる尼崎市が問われていると考えます。

田中淳司(たなかじゅんじ)*昭和49年7月11日尼崎市生まれ。
兵庫県議会「みどりの風」会派スタッフ。血液型O型。

<尼崎市議会だより>

市民へ伝えてほしい 議員の採決対応
田中じゅんじ 尼崎市政レポート「スクラム号外」

市議会の情報を市民へ伝える「尼崎市議会だより」は、平成6年11月に誕生しました。現在、 約20万部が各世帯等へ年に5回、 新聞折込みや業者(尼崎市シルバー人材センター)により配布されています。尼崎市民が選んだ、議員の議会活動を知るための重要な「お便り」なのです。
ところが、市議会だよりに掲載されている「一般質問(発言主旨)」では、質問者名がわからず、採決についても、結果などが記載されているのみです。
どの議員が、どの様な質問をしたのか、議案や陳情などに対し、賛成・反対のどちらなのか等の情報は、議会として市民へ伝える必要があると思います。
西宮市では、「市議会便り」平成20年11月発行分から、一般質問の内容とそれを質問した議員名がわかる紙面となりました。三鷹市議会では、議員ごとの採決対応を掲載した議会便りを発行しています。「尼崎市議会だより」においても、紙面の改革を果たして欲しいと強く望みます。

田中淳司(たなかじゅんじ)*昭和49年7月11日尼崎市生まれ。
兵庫県議会「みどりの風」会派スタッフ。血液型O型。

田中じゅんじの市政改革プラン    

子どもたちの夢がかなうまち尼崎へ

【議会改革】
・議員報酬(期末手当含む)を30%以上カットします。
・市議会議員の定数を、さらに10%削減します。
・政務調査費の額や使途などは、
公募した市民が入る第三者委員会でチェックし、
厳格な支出基準をつくります。
・請願・陳情者からの意見陳述を、
審議中は毎回実施できるようにします。

【行財政改革】
・市外郭団体の統合・廃止を進め、
給与水準を民間中小企業の水準にします。
・根拠不明な役員加算や、幹部職員の退職金を減額します。
・談合しやすい指名競争入札を廃止し、
より透明性を高めた公募型入札を原則化します。
・行政委員会で支払われている月額報酬を日額支給にします。

【情報公開】
・市が予算をつくる段階での、予算要求資料などを公開します。
・予算策定時に、予算に関する市民への説明会、
意見交換会を開催します。
・市審議会の委員公募を拡大します。

【福祉】
・医療・介護報酬などへの不正請求に対し、
厳正にチェックする体制を作ります。
・乳幼児等医療費助成制度を小学校6年生まで拡大します。
・災害弱者の名簿づくりと災害時の支援体制を確立します。
・待機者を減らすために、特別養護老人ホーム等の数を増やします。
また、市として、全ての施設内などでの虐待や法令違反に、迅速に対応するホットラインを設置するほか、第三者評価の制度を促進します。
・子どもや障がい者自身等が参加し、意見を市政に反映させるための会議を開催します。

【教育】
・子どもの命を守るため、全校舎の耐震診断を行い、
耐震化を急ぐとともに時間のかかる場合は応急処置を施します。
・中高年ボランティア等を募集し、放課後などに、希望する生徒のすべてが参加できる寺子屋的な補習授業の実施にむけて取り組みます。
・教員の質を上げるため、採用権限を市に移譲するよう、
県に求めていきます。
・わかりやすい授業実施のために、生徒による授業評価や、
アンケートを進めます。
・安全で栄養バランスのとれる米飯給食の回数を増やし、
食育を進めます。

【安心できる仕事確保】
・製造業登録派遣を廃止するなど、非正規雇用問題を改善させる活動に参加します。
・市臨時職員や嘱託職員など、非正規労働者の待遇改善を進めます。
・短時間正規職員の導入と、障がい者雇用を優先とした、
ワークシェアリングなどの実施にむけて取り組みます。

【環境】
・廃食油を回収し、市バス等で再利用する仕組みをつくります。
・太陽光、太陽熱などの新エネルギーの普及に努めます。
・生ゴミの減量のために、コンポスト(生ゴミ処理機)の助成額を引上げ、市民農園などで、肥料として有効活用できる仕組みづくりを進めます。
・駐輪場料金を引き下げるなど、迷惑駐輪対策に取り組みます。
・市内の駅周辺などを禁煙地帯に設定するとともに、
喫煙箇所を設定し、受動喫煙防止のための分煙と、たばこのポイ捨て対策を進めます。

【田中じゅんじ】         

ほうれん草通信を発行している兵庫県議会議員丸尾まきです

田中じゅんじさんと一緒に頑張ります!

■田中さんは、市民オンブズ尼崎の活動に参加し、
現在は世話人を務めています。
それだけではなく、私が活動をしてきた環境問題、
学校給食問題などにも積極的に関わってくれています。

また、肝炎ウイルス対策では、
尼崎市当局に、医療機関での無料検査を実施させることができましたが、
田中さんが患者会に参加し、飛び回り、
市当局を動かすための大きな役割を果たしてくれました。

■何よりも社会的に弱い人の立場に立てること、
環境問題など未来の子どもたちに責任を負える行動をすること、
お金に執着しないこと、地位や名誉を追い求めないこと。
それが、私が考える政治に関わる人の最低条件だと考えていますが、まさに田中さんは、その条件にあてはまる人です。
これからも田中じゅんじさんと一緒に市政・県政改革を進めていきます。